ロマンチックな誕生日プレゼントを贈ろう

付き合っている恋人や結婚している夫婦にオススメなのは、ロマンチックなプレゼントなんです。
中でも、天体など星が好きな女性や男性に喜ばれるのは、月の土地という誕生日プレゼントだと思うんですよね。
これは、月の一部の土地を契約して所有することが出来ると言うもので、現在人気が上がってきていて芸能人も持っているそうです。
ちゃんと権利書も発行してくれるので、女性よりも男性に贈った方が驚いて気に入ってもらえるかもしれませんね。


誕生日プレゼントに星座を

もう一つ人気になってきているのは、星座をプレゼントにするというものなんですよ。
この空にはまだ名が刻まれていない星が多くありますから、そのうちの星に相手の名前を付けて誕生日プレゼントにしている人も。
こちらは男性よりも女性の方が喜びそうな感じがしますが、もちろん男性に贈っても気に入ってもらえると思います。
上記で紹介した月の土地もこちらの星に名前を付けるものも、ネットからしか注文できないのでその点には注意して下さい!


形にこだわらない

プレゼントと言えば、やっぱり包装紙にくるまれたあのイメージですが、形に残らないものでもいいと思います。
思い出として残せるものや味わって楽しむと言う、誕生日プレゼントもありますからね。
相手の好みによって選択肢を買えることは大切ですが、普段物を贈っている人はたまに変えて思い出に残るような誕生日プレゼントを贈ってみてもいいと思いますよ。

誕生日プレゼントに名入れライター

最近は、男女関係なく喫煙者が増えてきていているので、ライターをプレゼントにしている人がいるようですよ。
今は名入れライターが人気になっているみたいで、相手の好みのライターに名前を入れてもらえるから選ぶ人が多いみたい。
ただし、この誕生日プレゼントは喫煙者にしか贈ることが出来ないのが少々寂しいですが、きっと喜んでもらえます。
男性だったらクールなものを選んで、女性だったら可愛らしくもありスタイリッシュなものを選んであげるといいかもしれませんね。


誕生日プレゼントは楽天市場で?

今ではYahoo!やAmazon、楽天など色々な通販サイトが揃っているから、とても便利になってきました。
誕生日プレゼントを購入する際は、楽天市場から注文すれば明日ラクなどが選べるので、とてもいいと思うんですよね。
もちろん、それぞれメリットや魅力があるので強制はしませんが、誕生日プレゼントを少しでも早く頼みたいのなら楽天がおすすめ。
また、楽天の場合ショップが多いのも魅力の一つとなっているため、他のショップで在庫切れでも他店では取り扱っている場合も。


男性のプレゼントは?

旦那や彼氏、男友達にプレゼントを贈る場合はどんなものをあげたらいいのか、色々アイデアが浮かんできますよね。
ですが、困ってしまうのは男性の上司に贈る誕生日プレゼントではないでしょうか?
贈り物として相応しくないものや失礼にあたるものもあるので、上司がお酒飲める人であれば相手の生まれ年のワインがいいかもしれません。

誕生日プレゼントは手作り○○

前回、誕生日プレゼントはモノにこだわらなくてもいいというお話をしました。
そして、モノじゃない誕生日プレゼントにはこんな裏技もあります。

特にあなたが女性で、相手が男性なら、結構な確率で喜んでくれる裏技です。

誕生日プレゼントは手作り料理!

そう。その裏技とはずばり料理!

しかも手作り料理。

男性は胃袋を掴むと言いますが、自分で凝った料理をする男性でない限り、それは本当にあてはまる場合が多いです。
最近は料理男子が増えたというものの、まだまだ多数派ではありません。

もし、プレゼントしたい相手が料理が苦手なタイプだったらしめたもの。

何万円、何十万円かけたプレゼントよりも喜ばれるかも知れません。

金じゃなくて手をかけろ

料理のポイントは手間がかかっていること。
下ごしらえから、味付け、品数まで丁寧に手をかけた仕事を心がけましょう。

なぜなら、相手はどれだけ自分のために相手が尽くしてくれたかで感動するからです。

お金だったら、働いたり、モノを売ったり、遺産を受け継いだりすれば誰でも同じようにかけられます。
結局買われた商品は皆おんなじですからね。

でも、料理の手間はその料理を作った人にしかかけられない、取替え不可能なもの。
それが相手の心に深く刺さるのです。

誕生日プレゼントはモノじゃなくてもいい

昔、車の宣伝コピーで「モノより思い出」というものがありましたね。
某クレジットカードのCMで「プライスレス」というものもありました。

どちらもヒットした広告で、人々の胸に深く突き刺さりました。

何がそんなに人々の心に響いたのでしょうか?

結局感動するのは人間の心

モノに執着するなとは言いますが、人より良いものが欲しい、もっと高いモノが欲しいという人間の習性は一朝一夕には改まらないものです。
でも、そのような場合でも大事なのはモノじゃなくて心なんですよね。心がモノを通して優越感を求めているのです。

これと同じことで誕生日プレゼントを通して人が喜ぶかどうかが結局はポイントなんです。
つまり、あたたかかったり、明るかったり、ほっとしたり、ジーンと胸が熱くなったりできるかどうか。

そういう本質に気づかせてくれたのが冒頭に掲げた二本のコピーだったのです。
だから流行ったんですね。

つまり誕生日プレゼントはモノじゃなくてもいい

プレゼントはモノを通して与えられる心の良い変化を狙っているなら、モノじゃなくてもいいんです。例えば、デート、パーティー、思い出の場所めぐり、旅行といったものでも、全然構わないわけです。
モノにばかりこだわらないで、シチュエーションをプレゼントするというところまで発送を広げれば、難しい男性向け誕生日プレゼントも見つかる可能性が高くなるかも知れませんよ。

男性向け誕生日プレゼントって結構悩む

誕生日プレゼントは誰にあげるにしても結構悩みますよね。
特に女性向け誕生日プレゼントは一大市場です。

誕生日プレゼントの価格の大きさで愛情やその人の重要度がはかられるという世知辛い状況も未だにありますね。

でも、意外と気づかれていないのは女性向け誕生日プレゼントには鉄板があるということです。

なんでしょう?

指輪でしょうか?
恋人ならいいでしょうが、誰にでも上げられるわけじゃありませんね。

もしかして車?
免許持ってない人には鉄板じゃないし、そもそもちょっと気持ちが重すぎる。

ひょっとして、洋服?
趣味を合わせるのが大変! 外したら袖を通してももらえません。

そろそろ答えを。

実は「花」なんです。

花をもらうとほとんどの女性は自分の価値を認めてもらえたという気分になって喜びます。
花を贈るということは、「あなたは花です」というメッセージなんですね。

また、いつかは枯れていくものなので、ずーっと場所を取るということもないということも鉄板のポイントなのかも知れません。

本当に難しい誕生日プレゼント選びとは?

本当に難しいのは男性です。
男性向け誕生日プレゼントには女性にとって花のような鉄板がありません。
さて、どうしたものでしょう?