誕生日プレゼントはモノじゃなくてもいい

昔、車の宣伝コピーで「モノより思い出」というものがありましたね。
某クレジットカードのCMで「プライスレス」というものもありました。

どちらもヒットした広告で、人々の胸に深く突き刺さりました。

何がそんなに人々の心に響いたのでしょうか?

結局感動するのは人間の心

モノに執着するなとは言いますが、人より良いものが欲しい、もっと高いモノが欲しいという人間の習性は一朝一夕には改まらないものです。
でも、そのような場合でも大事なのはモノじゃなくて心なんですよね。心がモノを通して優越感を求めているのです。

これと同じことで誕生日プレゼントを通して人が喜ぶかどうかが結局はポイントなんです。
つまり、あたたかかったり、明るかったり、ほっとしたり、ジーンと胸が熱くなったりできるかどうか。

そういう本質に気づかせてくれたのが冒頭に掲げた二本のコピーだったのです。
だから流行ったんですね。

つまり誕生日プレゼントはモノじゃなくてもいい

プレゼントはモノを通して与えられる心の良い変化を狙っているなら、モノじゃなくてもいいんです。例えば、デート、パーティー、思い出の場所めぐり、旅行といったものでも、全然構わないわけです。
モノにばかりこだわらないで、シチュエーションをプレゼントするというところまで発送を広げれば、難しい男性向け誕生日プレゼントも見つかる可能性が高くなるかも知れませんよ。